投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

落合陽一さん・下河原忠道さんの対談から見える「Hackableな未来」とは

イメージ
先日、筑波大の落合陽一さんと、株式会社シルバーウッドの下河原忠道さんの対談企画「シンギュラリティ時代の介護と多様性」に伺った。

落合陽一さんとは

下河原忠道さんとは

対談の内容については、たぶん誰かがアップしてくれるんだろうとして。
私が個人的に興味をもったのは、落合さんの「Hackable」という言葉だ。

この言葉を落合さんは
「自分の身体をHackできる。例えば、耳が遠い人とかが『今日はチューニングが悪い』とか言ってカチャカチャ自分でいじったら『治った』ってできるみたいな」
という文脈で用いた。
つまり、これまで超専門性の高い技術や職人技を用いてしかできなかった身体機能の拡張を、未来には自分の手の中でチョコチョコいじるだけで簡単かつ自由にその機能を拡張できるようになるということ。
この話を聞いていて私が考えていたのが「自転車」。昔は自転車って買って乗る、壊れたら自転車屋に任せる、だったのが、乗り手がカスタマイズするのが普通になった。そういったことが、補聴器とか義足とか車椅子でも起こる。


これはすごく面白い方向性で、技術研究者が行っている研究や開発って、専門外の目から見たらとてもユーザーフレンドリーではなく、現実世界では受け入れられないのでは?と見える。
結果的に、テクノロジーと人間は水と油みたいに語られるけど、本当はそれはデザインの問題であって、素直にテクノロジーを受け入れられるデザインはある。
実際にはその「ユーザーフレンドリーではない技術」が中に詰まっているのにね。ユーザーインターフェースデザインの問題。

そして、その方向性が目指す未来は、身体機能の拡張を民主化できる社会
テクノロジーを誰しもが自分の手の中で使えるようになり、個人が個人の身体をチューニングでき、身体の多様性を保ちながら社会全体が調和しながら生きていけるようになる。
「限りなく強い個人」
を目指すような未来。

●では、「限りなく強い個人」の周囲で人はどうなる?


そのような個人の能力が最大化されうる世界において、介護士や看護師はどんな役割を担えばいいのか?
この質問に対して、下河原さんは
「人同士をつなげるような仕事。コミュニティデザインとかそういった方向性を担っていくのではないか」
そして落合さんは
「危機管理。そういった多様な方々の生活をみていて『転びそうだな』とか『あ、ちょっと危ないな』と…

Pt's Voice018:死ぬのはこわくない。家族を苦しめるのがこわい。

イメージ
余命は半年って言われてたんだけど
おかげさまで2年も生きることができて

良かったというか、拍子抜け
もう死ぬつもりでいたから
死ぬことはそんなにこわくない

でもこの前、一人娘の妊娠がわかって。
上の子のときも私が手伝いに行ったんだけど・・・
今回はもっと大変だと思うの
でも、その時に私の病気もちょうど悪くなっていたらと思うと・・・

こわいの

こわいんですね

自分が死ぬことはこわくないのに
自分が家族の負担になるんじゃないか
それだけは耐えられない

**************************** Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。
有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。 一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。 それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。

Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。 患者・家族と私との対話のみです。 その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

Pt's Voice017:抗がん剤はしないとダメなんだろう?

イメージ
その方は、がんが全身に広がり、だいぶ衰弱していた

緩和ケアの医師は聞いた
「これからどうやって過ごしていきたいですか
抗がん剤をせずに、体力を温存しながら過ごす選択肢もあると思いますよ」

その方は答えた

抗がん剤はするよ
だって、抗がん剤をしないとダメなんだろう?
主治医がそうやって言っているからさ

医師は、無言でその場を離れる
「それが本当にいいことなのかしら」

かれは、誰の人生を生きているんだろう

****************************
Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。

有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。
一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。
それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。


Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。
患者・家族と私との対話のみです。
その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

言語で思考する人間と、アートで思考する人間

イメージ
先日、興味深い方にお会いした。
世界を様々な視点からみて、新しい価値を提供するというのはよくあるが、その方は独特の感性で世界を切り取っていた。
今までに聞いたことがない考え方だったので、興味をもって聞いていたのだが、もう既に書籍化の話も出ているとのことで
「それは面白いですね。ぜひ本に仕上げてください」
とお伝えしたところ、
「私、この考えを本にできる気がしなくて」
と答えられたのだ。

その方いわく、これまでも自分の考えを文章にする機会は多々あったものの、文章にした瞬間に「違う」と感じてしまうのだという。
話ことばならまだそこまで違和感を感じないそうなのだが、書きことばにした途端に、自分が本来表現したかったものと様相を変えてしまうというのだ。

それを聞いて、私が最初に思ったのは
「思考を言語化するのが苦手だからでは?」
ということだ。
そういった訓練をしていない、または突き詰めていないから、言語化がうまくできず、結果的に違和感を感じてしまうのではないかと。
だから最初は「話をして、ライターに書いてもらうというのは?」などとアドバイスをしていた。

しかし、よくよく話を伺っているうちに、私はとんでもない間違いをしていることに気づいた。

それは

そもそもその方の思考は言語で深めていく類のものではなく、
アートそのもので思考を深めていく類のものだ、

ということである。

私自身は「自らの思考を言語で突き詰めていく」タイプの人間だ。
そして多くの方もそうなのではないかと思う。
しかし世の中には時に、言語ではなくアートで思考を深める人間がいる。
私がこれまでお会いしたアーティストの多くは、「アートで思考を深められるが、言語でも深められる」という方だったのだろう。自らのアートの意味を言葉で語ってくれる方が多かった。
しかし、アートの本質というのは、本来言語では語れないものだ。言語では語れないから、アートという手法を用いているのに、美術展などではご丁寧に作品の背景や意図などが解説されていて、私たちはそれを言語で読み、アートを分かったような気になっているのではないか。

彫刻家はよく「木を見ていて、彫っていたら、木の中からこれが生まれてきた」と表現する。
陶芸家もそうなのだろう。土と対話しているうちに、その作品が生まれたのかもしれない。
私は、そういった作家たちは「○○を表現したい」という…

Pt's Voice016:もう私には全てのものがまぶしい

イメージ
その方の部屋は、いつでも真っ暗だった
テレビもついていない
音楽も聞こえない
友人はお見舞いに来たがっていたようだが、すべて断っていた

私たちの問いかけに答えることも
時々
ほんの少しだけ

しばらくその方のベッドサイドでじっと座って
その方を見ていたことがある

すると

先生、すまないけどね
あまり私を見つめないでくれませんか
先生は、若くて、エネルギーもある
その強さが、私にはこたえるのですよ
光はまぶしすぎ
音楽はうるさいだけ
もうこの世の全てが、私にとっては強すぎるんです

私は無言で、そのまま目を落とすことしかできなかった

********************* Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。
有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。 一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。 それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。

Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。 患者・家族と私との対話のみです。 その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

【参加者募集】しるし書店しおりコンテストに参加しよう!

イメージ
この記事の内容をざっくり言うと
・しるし書店メディカルオリジナルしおりを作ってみた!
・しるし書店メディカルしおりの元ファイル(Word)を配布するよ!
・「しるし書店しおりコンテスト」を3/31まで開催!私から賞も贈呈するよ!


2018年2月からスタートした「しるし書店」
私も3月に、医療系本に特化した「しるし書店メディカル」を開店しました。

西智弘店はこちら!

そして、さっそくしるし本を買っていただけたのですが、単に本をお送りするだけだと面白くないなーと考えた結果、

「しるし書店メディカル オリジナルしおり」

を作ってみた。


そして、裏面は「レターポット」


お買い上げいただいた方への手書きのレターを書いて送ることができる。


このしおりの作り方は簡単。
Wordでつくったひな型に、画像を貼り付けて、名刺サイズのカードに印刷しただけ。

そしてこういう「オリジナルしおり」って、しるし書店の店主の方々みんな作れたら面白いんじゃ?
ということで、

「オリジナルしおりひな型を配布します!」

希望者は、私のレターポットにメールアドレスなどを送ってくれれば、Wordファイルをお送りします!
(バージョンや環境などで画像などにズレが出ることはあるので修正してね)

でも、私のような素人がデザインするよりも、みんなでデザインして公開しあって高めあうほうが面白いんじゃ?
そして、そうやっていいデザインを公開しあっているうちに、運営や西野さんもビックリするような名作が生まれたりするんじゃ?

ということで

「しるし書店しおりコンテスト」

を勝手に開催します!

参加ルールは簡単。

・エントリーはツイッターで「#しるし書店しおりコンテスト」をつけて公開するだけ
・多くの方が二次利用できる方法を公開すること(連絡くれれば元ファイル送ります/Webサイトでダウンロードできます…など)
・1人が何作品公開してもOK
・「いいね!」と思った作品にはどんどんリツイートして「投票」

エントリー期間は3/31まで。
4/1に運営や西野さんが「ウソだろ!」というくらいビックリする作品を期待しています(できれば本当に、運営や西野さんに「ウソだろ!」とつぶやいてほしいところw)。
ちなみに、公式のオリジナルしおりはこちら。
クラウドファンディングのリターンですが、これを超えていきたいところです。

そして言い出しの私からは、個人…

Pt's Voice015:うまく死ぬことができるように頼むよ

イメージ
もうね、精一杯生きたと思うよ
やりたいこともやったし
思い残すこともない
いい人生だったと思う

でもね、これからが最後の仕事だと僕は思うんだ
子供達に、自分が死んでいくところを見せないとならない
人は、こうやって死んでいくんだぞって

親として、これが最後にしてやれることだよ
先生、そう思わないかい?

だからね、先生
僕がうまく死ねるよう、本当によろしく頼むよ

****************************
Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。

有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。
一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。
それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。


Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。
患者・家族と私との対話のみです。
その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

しるし書店メディカル 開店

イメージ
3/2に、「しるし書店メディカル」の店長になりました。

【しるし書店とは?】

まず「しるし書店が何か」、ということをご存知ない方へ簡単に説明します。
本を買って読み終えた後に売ろうと思うと、いわゆる「キズもの」、つまり書き込みやドッグイヤーなどの折り目がついている本は安くなってしまうというのが一般的。

しかし、本当にそうか?と考えたのがキングコング西野亮廣さん。
それが仮に、ソフトバンクの孫正義さんがつけた書き込みやドッグイヤーであれば
「あの孫正義さんが、どんな本を選び、さらに本のどの部分に書き込みをしたのだろう」
と気になる方もいるのではないか?
それであれば、その本は1点ものとして、元々の本の価格よりも高く評価されることもあるかもしれません。
また、名もない一般人であったとしても、その方をよく知る人物からは「彼の読んだ本や書き込みに興味がある」と思ってもらえるかもしれません。

しるし書店は評価経済のひとつの形。
これまで様々な形で信用を積み重ねてきた人物の本は仮に高くても売れるだろうし、そうではない方の場合は売るのに苦労するかもしれません。
そしてまた、どんな本を出しても売れるというわけではなく、例えば同じ音楽関係の本が2冊出ていたとしても、作曲家が読んだ本と、八百屋さんが読んだ本では価値が違うはずです(その一方で、その八百屋さんが実は知る人ぞ知る音楽評論家で、界隈では超高評価で取引、とかになるのも面白いんだけど)。

自分は医師なので「しるし書店メディカル」として医療系の本を主に取り扱います。
そうやって、自分の専門性と商品がリンクするというのがいいですね!

【しるし書店アプリの具体的な使い方】

まずPC版がないのでスマホアプリをダウンロードする必要があります。

iOSの方はこちら
Androidの方はこちら

ダウンロードしたら、facebook連携をしたのちに、各種情報を入力します(口座を登録する必要があります)。
そうすると、自分の店を持つことができるようになります。
西智弘店はこちら!

そして、次に自分の本棚からお勧めの本を選んで、写真を撮って出品します。

お客さんが来れば、「購入希望者」のところにチェックがつくので、あとはその方と直接やりとりをして、成立すれば商品をお客さんへ届けます(購入希望者が複数いても「この人に読んでもらいたい」という方を選ぶこともでき…