投稿

見えている世界が違うのは田舎という場所の問題なのか

こんな記事が拡散されていたのですが、あまりにも偏った視点で書かれた記事で賛同できない。
「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由

これは私が筆者と同じ釧路市出身で、両親は裕福ではなく、知り合いの親戚に大卒は1人もいなかった、ということから批判する権利があるだろう。

もっと人口が少ない田舎であればそうかもしれないが、釧路程度の都市で「教育や文化に触れる機会がない」というのはその個人の問題だ。
私は著者よりも10年近く前に生まれているが、私がいた当時でさえ美術館もあったし文化的イベントもあったし、大型書店もあって本には苦労しなかった(インターネットもアマゾンもなかった時代だ)。

私は高校卒業後、浪人せずに医学部に入っているので、教育は釧路市内でしか受けたことはない。
高校の授業と本屋で買った参考書と市内の塾だけで国立大の医学部に進学できているし、私の同級生も同じような教育環境で半分以上が大学に進学している(東大も、医学部も複数いる)。
両親の年収は平均以下だったので、大学に行かせるのは苦労したと思うが、親から大学に行けと言われて行ったわけではない。

札幌や関東に出て、確かに自分の学力が大したことはなかったんだなと実感することはあったが、社会に出てからはそんなことも大した問題ではなくなった。
むしろ、釧路では海と語る、漁師の生活を身近で見る、またロシア人やアイヌ人がまちにいるので、そういった方々との交流など、関東ではできない体験や文化的交流もあった。

しかしそれも、受け身の状態で自然と触れるのではなく、自ら興味をもって触れに行ったという結果。
受け身で過ごしていれば、確かに教育や文化に触れる機会は少なかったかもしれないが、それは果たして「田舎」という問題なのかは考えた方がいい。都会では受け身で過ごしているだけで、自動的に高度な教育や文化が享受できるとでもいうのだろうか。

かといって貧富の問題だけに帰結させるのもどうかと思うが、個人的には問題は別のところにあるのではないかと思う。
筆者と私が過ごしてきた世界は、同じ釧路にあっても別のものなのかもしれない。
だとしたら、田舎か都会かというのは問題を単純化しすぎで、
「同じ地域で学生時代を過ごしているのに見えてる世界が違うのはなぜか」
という問題を考察した方がいい。

Pt's Voice番外編:七日間

イメージ
先日の朝日新聞の投書欄に載り、多くの方の共感を集めた「七日間」という詩。
実は生前この方に私も少しだけ関わることがあった。
その方の思いを今日は取り上げ、デジタルアーカイブとしてここにも遺したい。

「七日間」

神様お願い この病室から抜け出して
七日間の元気な時間をください

一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい
あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ

二日目には趣味の手作り 作りかけの手織りのマフラー
ミシンも踏んでバッグやポーチ 心残りがないほどいっぱい作る

三日目にはお片付け 私の好きな古布や紅絹
どれも思いが詰まったものだけど どなたか貰ってくださいね

四日目には愛犬連れて あなたとドライブに行こう
少し寒いけど箱根がいいかな 思い出の公園手つなぎ歩く

五日目には子供や孫の 一年分の誕生会
ケーキもちゃんと11個買って プレゼントも用意しておくわ

六日目には友達集まって 憧れの女子会しましょ
お酒も少し飲みましょか そしてカラオケで十八番を歌うの

七日目にはあなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ
大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう

神様お願い七日間が終わったら
私はあなたに手を執られながら
静かに静かに時の来るのを待つわ
静かに静かに時の来るのを待つわ

→記事はこちら

是非、記事全文もお読みください。

****************************
Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。

有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。
一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。
それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。


Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。
患者・家族と私との対話のみです。
その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

Pt's Voice021:落ち着いてしまうのもどうなんでしょうかね。

イメージ
その方は、パズルに向き合っていた。
毎日
毎日
いつ行ってもパズルを組んでいた。

2週間前には大量に血を吐き、一時はどうなるかと思ったが、小康状態を保っているようだ。

「落ち着いているようでいいですね。この分だとご自宅にお帰りになるのも大丈夫かと思います」
と私が告げると、その方はパズルを組む手を少し止めて

そうですか。
でも、落ち着いてしまうのもどうなんでしょうかね。
私は、家庭を顧みてこなかったのでね。
帰ることなんてできるのでしょうかね。

そしてその方は、またパズルを組み立て始める
そのままずっと
毎日
毎日

**************************** Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。
有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。 一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。 それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。

Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。 患者・家族と私との対話のみです。 その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

Pt's Voice020:お父さん、桜が好きだったね 見られているかな

イメージ
たくさんの家族に見守られながら
その方は旅立っていった

若い父親は布につつまれ
まだ幼い子供たちは父へ贈る花束をもって
病院からの見送りにのぞむ

まだだよ
まだお別れじゃないよ
一足先に、おうちに帰っていてもらおうね

と、遺された母は、子どもたちにささやく

桜だね
お父さん、桜が好きだったね
見られているかな

春に生まれたその人は
桜舞う その春の中へ還っていった

**************************** Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。
有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。 一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。 それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。

Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。 患者・家族と私との対話のみです。 その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

Pt's Voice019:家族は受け入れてくれない。だから私は家族のために生きる。

イメージ
もう本当は治療うけたくないんです

「じゃあ、もうやめたらいいのではないですか?」
と、私は反射的に答える

いえ、夫が治療を受けることを望んでいるんです
夫は本当に弱い人なんです
私が死ぬことを受け入れてくれない

私は、何事もきちんとしておかないと気が済まないんですね
銀行口座も、家事のことも
そして、お墓のことも

でも、話を聞いてくれない
本当は夫と話をしたいのに

だから、私は治療を続けることに決めました
もう少し
夫が受け入れてくれるその時まで
私は治療を続けたいと思います

****************************
Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。

有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。
一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。
それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。


Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。
患者・家族と私との対話のみです。
その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

落合陽一さん・下河原忠道さんの対談から見える「Hackableな未来」とは

イメージ
先日、筑波大の落合陽一さんと、株式会社シルバーウッドの下河原忠道さんの対談企画「シンギュラリティ時代の介護と多様性」に伺った。

落合陽一さんとは

下河原忠道さんとは

対談の内容については、たぶん誰かがアップしてくれるんだろうとして。
私が個人的に興味をもったのは、落合さんの「Hackable」という言葉だ。

この言葉を落合さんは
「自分の身体をHackできる。例えば、耳が遠い人とかが『今日はチューニングが悪い』とか言ってカチャカチャ自分でいじったら『治った』ってできるみたいな」
という文脈で用いた。
つまり、これまで超専門性の高い技術や職人技を用いてしかできなかった身体機能の拡張を、未来には自分の手の中でチョコチョコいじるだけで簡単かつ自由にその機能を拡張できるようになるということ。
この話を聞いていて私が考えていたのが「自転車」。昔は自転車って買って乗る、壊れたら自転車屋に任せる、だったのが、乗り手がカスタマイズするのが普通になった。そういったことが、補聴器とか義足とか車椅子でも起こる。


これはすごく面白い方向性で、技術研究者が行っている研究や開発って、専門外の目から見たらとてもユーザーフレンドリーではなく、現実世界では受け入れられないのでは?と見える。
結果的に、テクノロジーと人間は水と油みたいに語られるけど、本当はそれはデザインの問題であって、素直にテクノロジーを受け入れられるデザインはある。
実際にはその「ユーザーフレンドリーではない技術」が中に詰まっているのにね。ユーザーインターフェースデザインの問題。

そして、その方向性が目指す未来は、身体機能の拡張を民主化できる社会
テクノロジーを誰しもが自分の手の中で使えるようになり、個人が個人の身体をチューニングでき、身体の多様性を保ちながら社会全体が調和しながら生きていけるようになる。
「限りなく強い個人」
を目指すような未来。

●では、「限りなく強い個人」の周囲で人はどうなる?


そのような個人の能力が最大化されうる世界において、介護士や看護師はどんな役割を担えばいいのか?
この質問に対して、下河原さんは
「人同士をつなげるような仕事。コミュニティデザインとかそういった方向性を担っていくのではないか」
そして落合さんは
「危機管理。そういった多様な方々の生活をみていて『転びそうだな』とか『あ、ちょっと危ないな』と…

Pt's Voice018:死ぬのはこわくない。家族を苦しめるのがこわい。

イメージ
余命は半年って言われてたんだけど
おかげさまで2年も生きることができて

良かったというか、拍子抜け
もう死ぬつもりでいたから
死ぬことはそんなにこわくない

でもこの前、一人娘の妊娠がわかって。
上の子のときも私が手伝いに行ったんだけど・・・
今回はもっと大変だと思うの
でも、その時に私の病気もちょうど悪くなっていたらと思うと・・・

こわいの

こわいんですね

自分が死ぬことはこわくないのに
自分が家族の負担になるんじゃないか
それだけは耐えられない

**************************** Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。
有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。 一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。 それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。

Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。 患者・家族と私との対話のみです。 その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。