リレーショナルアート『奢られる人・奢る人』


『プロ奢ラレヤー』と名乗る男を知っているだろうか。

彼の名は、中島太一さん。
文字通り「他人の金で生きていく」プロ。
メシは奢り
宿も奢り
カラオケや海外渡航費なんかも奢られて生きている。

意味が分からない、と片付けてしまうのは簡単だ。
でも、本当に意味が分からないなら、あなたが自身で体験してみればいい。

私はこれから期間限定で「コーヒー奢リヤ―」になる。
 ※(6/4追記:期間限定やめて一生コーヒー奢り続けることにしました)
東急東横線元住吉駅から徒歩10分ほどにある「mui」というお店に来てほしい。
ここで私はコーヒーをあなたに奢る。
とりあえず100人になるまで奢るが、パトロンがつけばもう少し奢るかもしれない。




「先輩と後輩だから」「まだ学生だから」などの言い訳がない、完全に初対面のひとに何かを奢られる体験ってどんなものか。

私はプロ奢ラレヤーへ奢った経験がある。
私はその目で、奢ラレ体験をするあなたたちを見る。

さて、そこに生まれる関係性とそこから得られる感情が、何を織りなすのか。
興味のある方はぜひ来てもらいたい。


●リレーショナルアート『奢られる人・奢る人』

・何も持たずにふらっと来てくれてかまわない。
・私は開催日の9時から12時ころまでいる。いつ来てもらってもかまわない。
・開催日は不定期(土曜か日曜の朝)。ツイッターで「#奢られる人奢る人」つけて日時を告知するので、フォローしてほしい。
※8月の開催日:8/26の9:00~12:00
・席についたら私は決まった質問をする。「今日はなんの話をしましょうか」だ。
・後から来た人は、席がある限りは一緒に参加してもらってかまわない。満席の場合はさようならだ。
・コーヒーを1杯奢られることと、最初の質問に答えること以外は、以降の会話、店内での振る舞い、同席した他の参加者とのやりとりは自由だ(公序良俗に反しない程度に)。飽きたら帰ってもらって構わない。
・帰るときに、私から1枚カードを受け取ってほしい。そしてそこに書かれていることを実行すること。大したことじゃない。自宅に戻ってからゆっくりやってもらってかまわない。まあ、誰でもできることだが、無理と思ったら棄権してもらってもいい。

※お店へのアクセスはこちら

※リレーショナルアートとは:人と人との関係性から作られるアートのこと。「関係性の芸術」と呼ばれる。私の前作に『生と老と病と死ワークショップ』がある。

※下記のpolcaページが終了してしまったため、本来はお越しになった方しか見られなかったnoteへのリンクをこちらでも共有する。こちらには今回のリレーショナルアートのねらい(および「問い」についてのヒント)が書かれています。事前に読んだとしても「答え」が書いてあるわけではないので、読んでからお越しいただいても後から読んでいただくでもどちらでも構わない。
→noteへのリンクはこちら

●パトロン募集

このリレーショナルアート作品を支援してくださるパトロンを募集します。
・この企画に興味がある方はpolcaでご支援ください。
・最低でも100人に奢りますが、支援頂いた金額次第で、もっと多くの方へ奢ります。
・また、ご支援頂いた金額の一部は上記イラストに対する報酬となります。
・パトロン(&ウォッチャー)には企画終了後に「アートの意味解説」を贈ります。
https://polca.jp/projects/qqvxLlKtRel


●イラスト描いてくださる方を募集

リレーショナルアート『奢られる人・奢る人』のイメージイラストを描いてくださる方を募集します(プロ・アマ問いません)。
・申込:メール(info@kosugipluscare.com)、facebookメッセンジャー、またはツイッターDMにて受付。その際に、申込者の以前の作品を1点添付してください(イラストの雰囲気などを確認するために用います。その後はデータ破棄します)。
・依頼:上記の企画内容からイメージされるイラスト1点(背景なし・モノクロで可)
・用途:Webサイトでの掲載およびカードへの印刷
・報酬:基本5000円+パトロンからの支援額の10%(例えばパトロンからの支援総額が10万円だった場合、イラスト報酬は5,000+100,000×0.1=15,000円となります)
・受け渡し:メール、facebookメッセンジャー、またはツイッターDMでデータ受け渡し
・納期:5/31夜まで
・支払方法:polcaにて受け渡し用のサイトを作ってください。パトロン募集が終了次第、そちらにお送りします。
無事イラストレーターさん決定しました!ありがとうございます。



コメント

このブログの人気の投稿

レターポットへの懸念と今後への期待

落合陽一さんへの違和感とAI時代の医師

見えている世界が違うのは田舎という場所の問題なのか