2012年10月28日日曜日

がんサロンはDrも参加すべき!

「私、病気になってもいいんだ、と思えるようになりました」

先日のがんサロンで患者さんのひとりから言われた言葉。
これは究極の言葉だ、と私は思った。なぜか。

市民にとっては、「病気になりたくない」「病気は予防しないと」と考えるのが普通だろうし、いざ病気になれば「早く治してくれ」「どうしよう」というところだろう。

その患者さんが言うには、
この病院にかかれば優しいスタッフがいる、苦しくてもケアをしてくれるシステムもある。
だから、「病気になってもいいんだ」と。
これはつまり、病気になっても「何とかしてくれる(必ずしも絶対に治してくれる、というニュアンスではない)」という信頼と安心から出る言葉で、それは医療の目指すある意味究極な姿じゃないかな、と。

病気(になった状況)を、意識していないから怖さを感じていないということと、
病気(になった状況)を、意識してもしなくても、特に怖くないと思える、ということ。

どちらも普段は特に何も感じていないという点では一緒だが、実際には大きな違いがあると想像できるだろう。病気になっても、治っても、治らなくても、私はみんなに支えられて精一杯生きられる・・・そう思えるコミュニティって、すごいんじゃないかな、と。
そして、そう思える助けをできたのが自分の病院だと思うと、それは涙が出そうなほど嬉しい言葉だったのである。

こんな言葉が聞けるのも、がんサロンの醍醐味である。
普段、診察室や病室の中でしか患者さん・家族に接することのないDrは、是非こういう場に参加してみると良い。
ないなら、作ったほうがいい。
毎回参加するたびにとても勉強にもなる。医療は患者さんから学ぶ、という大原則を改めて実感できる。
そして、サロンにDrも参加する意義は、サロン側にもある。
自然、Drが司会役をしたり、アドバイザー的な役割を果たすことになるが、サロンの会話が暴走しないようにできることや、医学的知識が必要な場面は、やっぱりある。そんなときに、Drがちょっと一言挟むだけで、場の不安感が和らぐ印象がある。ただし、Drが参加するときの心構えとしては、必ず「一市民として」参加することが必要である。

「俺は、医者なんだぞ!」と言いたいのなら、他へどうぞ。
また来月も、美味しいお茶を頂きながら、患者さん・ご家族の素晴らしい言葉にじっと耳を傾けたいと思う。

緩和医は家庭医からなるべきか?~Cheng先生の講演から

昨日までの癌治療学会の中で、緩和医療学会とのジョイントセッションにて緩和医療の教育や研究を考えるシンポジウムがあった。

その中で、台湾のCheng先生から、台湾の緩和医療の現状をお話し頂いたが、台湾では緩和ケア医の6割が家庭医出身なのだという(2割が内科医、後の2割でその他)。以前に、オーストラリアに留学した緩和ケア医の話を聞いたときにも、同様な話を聞いた。その理由としては「家族を含めてのケア、在宅、包括的プライマリ・ケアのスキルなどが緩和医に求められるスキルとしてみんなが思っているから(家庭医のバックグラウンドが適切だ)」と。

考えることは2つ

①家庭医が本当に緩和ケアのベースであるべきか

Cheng先生がおっしゃる台湾の考えも納得できるし、他にもそういう国があることからもそうだが、家庭医のスキルが緩和ケア医にとって大切であることは間違いない。研修を受けた方がいい、というのは確かである。しかし、「ベースとするべき」というほどか、と言われると疑問は残る。第一、現在の日本で家庭医療を修めようと思ったら初期研修後にさらに3年はかかるので、そこからまたOncologyを勉強して・・・とやっていると医師8~10年目くらいにならないと緩和ケア医の本格的な研修に入れないことになるが(緩和ケア医はある程度人間的にも成熟してからの方が良いという意見もあるだろうが)、それほど長く全ての医師に研修医の身分を強いるのもどうかと思うし、緩和ケア医になりたいと思っていたモチベーションを維持するのも難しいかもしれない。日本の今のシステムからは難しいのではないかと思う。

②緩和ケア医だけではなく、家庭医も不足(ついでに腫瘍内科医も不足)

もちろん、人手が余っている科など、どこにもないのだが、少なくとも「ベースにするべき」と言われるほどOverlapしている分野でお互いに小さなパイを奪い合う必要はあるまい。私はとりあえず、医師が全体に不足している現状では、アメリカのようにひとつの専門性に特化した人材を養成していくことよりも(そういう人材も少数は必要だが)、ある程度ハイブリッドな医師を養成していくしかないと思う。つまり「抗がん剤もできて、緩和ケア全般に通じ、かつプライマリ・ケアや家族も包括的に診られる医師」である。サイコオンコロジーも、IVRも、神経ブロックもできたらなおさらいい。真の意味での「がん総合内科医」である。
ただ、そんなことを全ての医師に求めるのは不可能だ。
私は、研修の段階では上記について全ての研修を受けるべきと思う。例えば、初期研修後、総合内科1年を経験した後、腫瘍内科1年、緩和ケア1年、家庭医療1年、他IVR・サイコオンコロジー・ブロック・病理・放射線など選択で1年で5年のプログラムなど。
そしてその後、それぞれ興味があるところで「抗がん剤中心にやるよ(でも緩和も在宅もできるよ)」「緩和中心にやるよ(でも抗がん剤もやるよ)」「在宅中心にやるよ(でも病院でも診療するよ)」といったDrで、ひとつのチームとして総合的に診療する、という体制である(ひとつの科でというところが重要)。そのためには、ある程度の人材の集約化が必要なのであるが、がん診療の専門性を高めるためには、少なくとも日本の現状では、地域単位での集約化、そして再分散(センター化で人材を集め、研修・教育・研究を行い、育った人材を地域に派遣。必要に応じて地域施設への「往診」も考える)、というシステムが必要と考えている。

私の意見は、極端で机上の空論的であろうが、実際にはこのような意見を出し合い、「緩和ケア医に求められるスキルは何なのか」「どのような医師を養成していくべきなのか」「そのためにどのようなシステムが必要なのか」ということを喧々諤々議論していくべきなのである。私の意見も、そのような中でもまれていく中で、一部の地域には適応可能かもしれないし、もっと現実に即した形に改善できるかもしれない。そのための議論の場がないこと、つくろうという気運もないこと、それが一番の問題と思う。

2012年10月21日日曜日

井田病院のホスピタリティ

ホスピタリティとは

「思いやり」「心からのおもてなし」という意味

だそうです。
井田病院は、5年前、私が来たばかりのころは、立て直し前で建物が暗かったせいか、なんとなく職員も
「暗い」
「つっけんどん」
といったイメージを禁じ得ない感じでした(私の主観ですよ)。

しかし、今年戻ってきて、さらに新しい建物になったことで、だいぶ感じも変わってきたような気がする(私の主観ですよ)。
それでも、まだまだ全国の一流病院には及ばないとは思うが、ここでいくつか、井田病院のホスピタリティと呼べるもの、そしてそのなかでももしかしたら皆さんがよく知らないのではないの?というものをご紹介したいと思う。

【患者さん用無料シャトルバス】
井田病院は、東急東横線の日吉と元住吉の境にある「井田山」という山の上にあり、実はとてもアクセスの悪い病院である。
徒歩で、と思ったら日吉駅から15分、そして最後の5分くらいはずーっと坂を登らないとならない。
バスは日吉、元住吉、武蔵小杉、武蔵新城などから出ているが、日吉発のもの以外はどれも本数が少なく、そしてえらく時間がかかるので、使いにくい。
では自家用車で、といっても、井田山は昔は城があったといわれるくらいで、山へアクセスする道は少ない上に狭い。そして現在工事中の敷地内には駐車場も少なく、毎日大混雑だ。
そんなことで中々来にくい・・・と思っているアナタ!
是非、武蔵小杉から出ているシャトルバスを利用して下さい!
本数は多いとは言えないが、武蔵小杉から20分で着くので、かなり早い。途中も、元住吉近辺の停留所にいくつか止まるので、周囲の方々には是非利用していただきたい。


詳しい時刻表や停留所は以下参照。
http://www.city.kawasaki.jp/33/cmsfiles/contents/0000037/37855/ida/about/koutsuuannai.html

【病院廊下で展覧会】

これは、美術館・・・ではなく、井田病院の廊下ですよ!
しかも「ギャラリー」と銘打っているわけでは無く、患者さんの待合に普通に並んでいます。
常設展示というわけではなく、市民の方々からご提供頂いた作品などを定期的にギャラリーとして展示しているのです。
これは、昔ある先生が「入院して、もうそろそろ退院なのだから、ベッドに横になっているだけでなく、少し歩く練習でもしたらどうですか」と声をかけたところ「先生、病院の廊下なんて歩いても何もありませんぜ」と言われて、ハッと気づき、このように歩いて楽しい廊下にしようと考えた、という文化が新築後も残っているというところです。
そのように、患者さんに言われて、気づいたらすぐ実行という精神、見習いたいです。

【コンシェルジュ】
実は、井田病院の正面玄関入ってすぐのところには「infomation」があり、そこに1~2名のコンシェルジュがいます。
スチュワーデスさんのようなスカーフを巻いて、いつも笑顔で立っていますのですぐにわかります。
院内の案内や予約や受付機の操作、困ったときのお助けなど、患者さんにとって頼りになる存在です。
コンシェルジュさんは新築前の病院にはおらず、新しく配属された方々ですが、我々スタッフに対しても「お疲れですね、気をつけて下さい」と声をかけてくれる、優しい存在です。

他にも、色々と紹介したいところもあるのだが、これくらいにして。
また逆に、これはちょっと・・・というところもまだまだたくさんある。
新築されてから半年、ようやく色々なことが軌道に乗ってきた当院ではあるが、より一層職員がひとつになって、市民の皆様によい医療・サービスを提供できるよう努めなければならない。

2012年10月16日火曜日

新陳代謝する町、元住吉と共にある


 元住吉~井田は移り変わりの大きい町である。
以前に武蔵中原に住んでいた頃はあまり感じなかったが、こちらに移ってからは至る所で壊しては建て、が行われている。武蔵小杉周辺からの再開発の影響もあるのだろうが、町が少しずつ生まれ変わっていく様は、「町が生きている」という感じがして私は好きである。
井田周辺。壊された建物の奥で新しい建物も
上の写真から100mくらい。新築2軒。


その一方で、昔からの旧家、というか地主さんの家などもあり、新旧様々、新陳代謝を繰り返している、といった印象である。
あるひとに聞いた話だが、このように町が少しずつ入れ替わっていくのは、その町が健全な証拠、ということらしい。
つまり、一度に新築がどどーんと建って(ニュータウンみたいなところね)、同じような世代の方々ばかり(特に、新築を買う世代である40代くらい)が入るような町だと、隣近所が皆若いうちはいいが、年を取ると、町全体が年を取るため、インフラが失われるリスクを負うのだと。
その意味では、元住吉は「変わりつつ、変わらない」という好循環をもつ地域と言える。

元住吉は、町自体がひとつのブランドである。
自由が丘や二子玉川といった洗練された感じは足りないものの、町全体の暖かさとパワーは、他のどこにも負けないのではないかとすら思う。
元住吉駅前にある、住吉書房で、こんな本を買ってみたが、
 

特に、『武蔵小杉Walker』は、こんなローカルな本、売れるのか?というくらいの本であるが、それが発行できるのだから、この地域のブランド力、恐るべしである。
内容もかなりマニアックであるものの、面白い。
それを店の一等席で売り出す住吉書房も、町のブランドをよく理解しているなあ、と思う。

町(地域)のブランドを生かす、というのは簡単なようで難しい。
東横沿線、活気ある地域、増え続ける人口、という好条件に乗って、単に店を構えるだけでは、愛されず消えていく。
元住吉のブランドは、町の文化と共にある。
そのあたりは、「町の本屋」が消えていく中で、しっかり愛されている住吉書房はじめ、この地域で長く生き残っている店から学ぶことは多い。

井田病院も、長くこの地域で生きてきているが、これまでは本当に「地域と共に」あったか、と言われると疑問もあるところである。
先日、元住吉で飲んでいたときに、この町で育ったという客に「井田病院?どこでしたっけ?山の上にある病院?」と言われるくらいだし。

元住吉から学び、数々の店から学び、「地域と共に」生きる工夫をもっとしていく必要がある。
病院だからといって、患者さんが来るのをただ待っている時代では無くなってきている。
医療が「地域と共に」ある、というのはどういうことかを本気で考えていかないとならない。

でも、件の『武蔵小杉Walker』に「地元自慢ベスト50」の22位に、当院が載っているのはちょっとした喜びではある。