投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

剥き出しの個人

イメージ
先日、「現代の魔法使い」落合陽一さんの番組を見ているときに「日本が再興するためには、西洋的思想からの脱却が必要だ」という言葉があったんですね。
明治維新をきっかけに、新政府の樹立、そして欧化政策の推進によって日本に西洋思想がどっと入ってきて、さらに戦後にアメリカの思想が混じることで、日本が本来持っていた特性が失われてしまったということ。そのために、日本全体がぐちゃぐちゃになってしまっていると。
自立した個人ではなく、孤立した個人になっている。
だから、日本を再興するという時に、ヨーロッパやアメリカの何かを参考にしようという視点から、日本人にはそもそもどういう社会・思想構成が最も合っているのか、という考察を始めなければならない、と言っています。

これは、自著でも考察したことですが、日本人は少なくとも「神」を唯一絶対とし、それと対峙する自我としてのキリスト教的文化圏の価値観とは大きく異なる、先祖や自然とのつながりを重視した儒教・仏教・神道などが習合した形での宗教観を、儀礼としては失われていても、生活・観念レベルまで浸透させる形でもってきた民族といえます。
しかし、近年においては、西洋的な自由主義・個人主義の浸透や、旧来の「イエ」や「ムラ」制度の喪失から、生活習慣レベルで残っていた様々な宗教的営為までも徐々に失われつつある中で、現在の日本は、伝統的な「日本人」としてのメンタリティと、西洋的な自由主義個人主義的価値観が、社会的にも個人的にも混在している状態といえます。

そのため、「イエ」「ムラ」を基盤とした家族や地域間の紐帯にその思想的基盤を頼むわけにもいかず、宗教的基盤を持ち出すことも難しく、かといって西洋の価値観だけに寄ったような意思決定を行うことも一律にはできません。言うなれば、イエ・ムラや宗教といった「自分を守る鎧」としての枠組みが弱くなってしまった現代の日本人は、裸同然の「剥き出しの個人」として社会と対峙しなければならなくなりました。

これからの日本においては、宗教性の減退や家族の解体はよりその歩を進め、地縁としてのコミュニティとの繋がりも希薄となる社会へと向かっていく可能性はあります。もちろんそのようにならないことが理想ではありますが、少なくともこれまで日本人なら常識的に利用可能と考えていた前提としての「信仰」や「家族やコミュニティの繋がり」なども、その形が変…

モノシステムからマルチシステムへ

イメージ
皆さんこんにちは。
今日は、「モノシステムからマルチシステムへ」という話。
要は、医師‐患者関係という単一の関係からの患者の解放というお話です。


これは、図にも示したんですけど、少なくとも20世紀後半から2010年くらいまで、「医師と患者はマンツーマンの関係」というのが、患者側にも医療者側にもあったんですよ。

それが「チーム医療」という名の下に、患者も含めて看護師や介護士や薬剤師など他の職種も全員でチームを組んでやっていきましょうというのが提唱されてきた。
でも、実質的なリーダーは誰か、というと大体の現場では医師がそのリーダーを担っていて、他の職種は医師に指示されるがままに動いている「チーム」なんていうのもたくさんある。そして外来を持っているのもほとんどは医師だから、結局のところ「医師-患者関係」というのが最も重要な関係性となることは構造的に当然なわけ。

これが、いわゆるモノシステムの世界で、もちろんその医師が優れた名医であれば問題ないんだけど、多くの患者は医師を選ぶことはできないわけで、場合によってはこの医師‐患者関係に患者がしばられてしまって、苦しい関係性から抜け出せないという場合も多々ある。
「主治医の先生と上手くいかない、私の気持ちをわかってもらえない」
なんていうのはよく聞く話。
医師の方が一般的に多くの情報や治療方針決定についての権限を持っているため、患者は自分の体のことにも関わらず、相対的に弱く脆い立場におかれている。

この問題を解決するために、これからはマルチシステムの採用が主流となるし、そうしていくべき。
マルチシステムでは、医師‐患者という単一の関係性から、その医師とは利害関係のない第三者の介入が入ることで、患者や家族がエンパワメントされ、対等な医師‐患者関係を築いていこうというもの。
例えばうちらが取り組んでいるプラスケア(暮らしの保健室)の機能はまさにそれ。
暮らしの保健室を利用することで、病院ではできない情報整理を行ったり、診察室への看護師同行などを行うことも、そのマルチシステムの一環ということ。
病院内の看護師や相談員でも、もちろんこの役割を果たすこともできるんだけど、組織に従属している意識だと、患者・家族側に立てない(利害関係がある)からマルチシステムにならない。時には組織や医師に反抗しても、患者・家族側に立つ勇気があるかが問われるわ…

「希望」とは何か

イメージ
みなさんこんにちは。

今日は「希望」について少し考えてみたいと思います。
 「希望」といっても、昨今ニュースを騒がせている「希望」の話ではないです。

 今回取り上げるのは
●効果未確認の免疫療法 12の拠点病院が実施
というNHKのニュースについて。
要は、国ががんの標準治療を日本全国どこでも受けられるように整備してきた「がん拠点病院」で、科学的に効果も安全性も確認されていない免疫細胞療法が、患者さんの自費診療として行われていたのが問題ではないか、という内容です。
結論から申し上げますと、こういった治療法を「臨床試験以外の方法」で行うことは倫理的に問題があり、行うべきではないということは明白です。ただ、今日私が取り上げたい点はこの点ではなく。

このニュースの中で、免疫細胞療法を擁護する側の言葉として、
「この治療を受けていることが心の支えとなる」(患者さん)
「患者が希望しているから」(医師)
というものがあります。

こういった論点は、免疫細胞療法だけではなく代替療法や、また明らかに適応外の抗がん剤治療を行う時などに必ず出てくるものです。
要は
「患者が治療を希望し、医師がその希望に応える」
そのどこが悪いのか?ということです。


●「希望」とは何か?

そもそも「希望」って何なんでしょうか?
これはこの数年くらいずーっと考えているのですが、言葉にするのはなかなか難しいです。
でも、ひとつ言えることとしては、患者さんにとって「治療そのものだけ」が希望、ということが大多数に当てはまることなんだろうか?ということ。
その治療を通じて、家族と変わらずに暮らしたいとか仕事を今まで通り続けたいとか、色々な希望があるはずで、本来こちらの方が「真の希望」と言えるものなんじゃないかな、と。そうであれば、抗がん治療を続けることだけが、その方の希望を支えることに本当になるんだろうか?ということになります。
ほとんど効果のない(場合によっては有害な)抗がん治療を続けるのと、それらを止めて緩和ケアに専念をするのと、結果的に生活が何もかわらない(もしくは緩和ケアを受けたほうが良くなる)のだとしたら?
それでもとにかく抗がん治療を受けることに固執される方がそこまでたくさんいるかどうか…。
そういった話し合いを、本当にとことん現場でやっているのだろうか?という点が疑問です。

もちろん、中には「抗がん治療…