Pt's Voice022:こんなに苦しんで どこが緩和ケアなんですか?


余命はもういくばくもない
その方は痛みと呼吸のつらさに喘いでいた
夜は途切れ途切れの眠り
そしてそれは昼も続く
また朝が来てしまったのかという苦痛

傍らにつきそう妻は
「もう楽にしてやってくれませんか、せめて眠らせてあげてください」
と涙ながらに訴える

しかし医師は首を縦にはふらず
「まだできる治療がありますよ」
と告げる

妻はついに泣き崩れ
「こんなに苦しんで、どこが緩和ケアなんですか?」
と叫ぶ

「まだできる治療があるんです」
と、ただ医師は繰り返す。

****************************
Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。

有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。
一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。
それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。


Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。
患者・家族と医療者との対話のみです。
その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

コメント