Pt's Voice018:死ぬのはこわくない。家族を苦しめるのがこわい。


余命は半年って言われてたんだけど
おかげさまで2年も生きることができて

良かったというか、拍子抜け
もう死ぬつもりでいたから
死ぬことはそんなにこわくない

でもこの前、一人娘の妊娠がわかって。
上の子のときも私が手伝いに行ったんだけど・・・
今回はもっと大変だと思うの
でも、その時に私の病気もちょうど悪くなっていたらと思うと・・・

こわいの

こわいんですね

自分が死ぬことはこわくないのに
自分が家族の負担になるんじゃないか
それだけは耐えられない

****************************
Pt's Voice=ペイシェンツ・ボイスは「患者の声」をデジタルアーカイブとして遺すプロジェクトです。

有名人の言葉は時を超え、後世に語り継がれ、その言葉は死ぬことはありません。
一方で、その人生を懸命に生きたひとりひとりの言葉も、その言葉に負けることがない輝きを持っています。
それらの言葉の生を引き継いでいくために、記録を残していきたいと思います(毎週月曜日更新)。


Pt's Voiceでは私の解釈は一切記しません。
患者・家族と私との対話のみです。
その生の声から何を学ぶか?それは皆さん次第です。

コメント

このブログの人気の投稿

レターポットへの懸念と今後への期待

落合陽一さんへの違和感とAI時代の医師

「あとどれくらい生きられるのですか?」と聞かれたら