レターポットで医療系相談サービスはじめます!


西野亮廣さんが始められた「レターポット」というサービス。
文字にお金としての価値を乗せて送ることができるサービス。
換金性はないので、逆に通貨としての価値を提供できないかなと考えてみた。

そこで自分の専門性を使ってできること…。
それはやっぱり「医療系アドバイス」だよね。
現時点では私が運営する一般社団法人プラスケアの会員になるか、VALUで私のVAを買うしか、私への医療相談をする方法はないのだけど、レターポット登録者であれば誰でも、私にレターを送ることで、このサービスを受けられます!

西智弘のレターポットはこちら!

ただ、送ってもらった質問(=レター)に、私がレターで返信すると、間違いなく私が送る文字数のほうが多くなるので、それだと私のレターが続かない。
なので、以下のように運用してみようと思います。

・医療系の相談であればなんでも受けます。健康相談、医療系ビジネスへのアドバイス、その他医療に関する相談、医師についての質問など
・得意なテーマは、がん、高齢者医療、教育、キャリア、医療×AI、非営利法人運営などです
・質問や相談について、レターポットを利用して送ってください
・送って頂いた内容に対し、
①返信が送られた文字数の半分以下で答えられる内容の場合:レターで返信します
②返信するのに大量の文字数が必要な場合:facebookのメッセンジャーで返信します

とりあえずは、こんな感じで始めてみようかと。
たぶん、それぞれの専門家が自分のできることをサービスとして出したりすることで、レターポットの通貨としての可能性は高まっていくんじゃないかと思うんですよね。
もちろん、普段のやり取りとしてのレターも魅力的ですし!

質問、どしどしお送りください!
お待ちしております。

西智弘のレターポットはこちら!

コメント

このブログの人気の投稿

レターポットへの懸念と今後への期待

落合陽一さんへの違和感とAI時代の医師

見えている世界が違うのは田舎という場所の問題なのか