カレーと日本酒は合うのか否か?:お店で試してみた


1/30に企画されている「カレーと日本酒は合うのか否か?」
まだ開催1か月前ですが、少しずつ参加申し込みを頂いており、ありがとうございます!
25名先着ですが、15名越えなければ開催中止となってしまいますのでお申し込みはお早めに!

さて、この「カレーと日本酒」の企画。
実は主催者である私も、カレーと日本酒が合うのかどうか、実は試したことない。
カレー以外のおつまみも用意するのだが、
ゲロマズ
だったら…
と考えると、いくら実験とはいえいきなりお客さんにぶっつけ本番で出すのもどうかとも思う。

なので、事前に主催者である私が、身をもって体験してみよう!

ということで、まずは日本酒の専門店に相談。

こちらの石澤酒店は元住吉にある酒屋さんで、ここでしか取り扱いのない日本酒も多数ある名店。

さっそく、店長にお話を伺ってみましょう!いい笑顔です。

私:カレーと日本酒って合うと思います?

店長:カレーね!合わないことはないと思うよ。日本酒の中でも深みと厚みのある生酛(きもと)造りなんかの酒だと合うんじゃないかな。

私:そうなんですね!

店長:あとは、カレーのスパイスに負けないように微発砲の日本酒なんかもいいよ!

なるほど~。さすがは専門家…。
ということで、お勧めのお酒を選んでいただいた後は、今回の会場「コスギカレー」さんに移動。


こちらは新丸子・武蔵小杉から徒歩5分くらい。


店内には豊かなスパイスの香りが広がります。
イベント当日はこちらを貸し切りにする予定。

さて、では今回選んでいただいたお酒はこちら!

石川県の「手取川 白壽 純米にごり」!

ラベルに「大人の甘酒」と書かれている通り、甘めのにごり酒。瓶内発酵されている微発泡酒で、シャンパンのように泡が噴出します。

そしてそれに対するカレーは、

「濃すぎ温玉のせ焼きチーズDX」!
スパイスのきいたカレーと、マイルドな温玉&チーズの相性が絶妙な一品。

さて、このカレーと日本酒との相性はいかに!

ぱくっ
・・・

ごくり・・・・・・

・・・・・・・・・・

おお?

意外と合うんじゃね?

少なくとも合わないということはない・・・
ゲロマズということはない・・・
カレーのスパイスの辛みを、日本酒の甘みと炭酸が洗い流してくれるので、その意味では合う。

しかし、よくわからないというのも事実・・・
一緒に試食してもらったスタッフは、これまで食べたことがない組み合わせに「脳がついていかないという感じ」とのことだったが、それは確かに的を射た表現だ。
しかし、カレーも日本酒もどちらもウマい・・・
どちらもウマいから、どちらも進む進む

ただ、ひとつ言えることは、「カレーライス」と日本酒は合わない、ということは確かだ。
コメとカレーを一緒に食べ、そのコメの味が残っている状態で日本酒を入れるのは確実に合わない。
基本的にはカレー単独+日本酒で合わせるべきだ。イベント当日もそのように出す予定。

これは、当日の皆さんの反応が楽しみだ!
きっと私やスタッフのように「脳がついていかない」となる可能性が大。
しかも当日は、1種類の酒だけではなく数種類の日本酒との組み合わせで楽しむ趣向なので、さらに脳が刺激されること間違いなし。


コスギカレーオーナーの奥村さんも「当日を楽しみにしています!」とのこと。

まだまだ募集をしています「カレーと日本酒は合うのか否か?」のイベント。
多くの方々のご参加をお待ちしております!
**********************************
・日時:1/30(火)20時~21:30
・場所:コスギカレー(川崎市中原区中原区新丸子東2丁目897−11 ラポール新丸子 102/東急東横線新丸子駅または武蔵小杉駅から徒歩5分)
・提供される日本酒:天狗舞、手取川など
・講師:西智弘(一般社団法人プラスケア代表理事/医師)
・人数:25名
(最少催行人数15名 ※1/16までに15名集まらなかった場合は中止となります)
・参加費:2000円(当日会場でお支払いください。その場での上乗せ寄付も大歓迎!)
・お申し込み方法:こちらの申し込み専用ページからお申し込みください。Webでの申し込みができない方は事務局の方で代理入力しますのでinfo@kosugipluscare.comまでメールを頂くか、FAX(044-863-8443)でお申し込みください(その際、カレー企画申込、と題名をつけて頂き、氏名および連絡先をご明記ください)。

 ※当日の参加費および寄付につきましては、運営費・飲食費を除き全て「暮らしの保健室」への寄付となります。


※実はこの後、自宅でもカレーと日本酒の実験をしました。その様子は「カレーと日本酒は合うのか否か?:自宅で試してみた」として後日公開する予定なので乞うご期待!



コメント

このブログの人気の投稿

レターポットへの懸念と今後への期待

落合陽一さんへの違和感とAI時代の医師

見えている世界が違うのは田舎という場所の問題なのか